【備忘録】米国高配当ETF投資

どーも父です。

2020年後半から米国高配当ETFを購入してきました。

まだまだ少額なんですがこれから毎月少しずつ購入していきたいと考えています。

そこで購入するにもルールは必要ですし、どのように管理していくか悩んでいたのですが・・・

ブログに書いていけば残るしみんなも役に立つんじゃないか?という事で備忘録的にどのように購入していったのかを今後1ヶ月に1回書いていけたらなと思っています。

購入するのはVYM、HDV、SPYD

購入するのはこのお決まりと言ってもいいほどの3つです。

まずはバンガード社のVYM

米国高配当ETF「VMY」を解説

そして次がBlackRockのHDV

米国高配当ETF「HDV」を解説

最後がSTATESTREETのSPYDです。

米国高配当「SPYD」を解説

3つの共通の特徴は配当がメインという事。

そして経費率が0.06%~0.08%と格安の所です。

父

百万円投資してても1年間で600~800円しかかからない!

子供のお小遣いよりかからない!

ルール

毎月12日前後をめどに3社の中から配当利回りが平均以上の時に5万円~10万円を投資していこうとおもっています。

例えばHDVのみ平均利回りが上回っていたらHDVを10万購入。

他のパターンで3つとも上回っていたら3万ずつや2万ずつ購入していきます。

平均利回りは「平均利回り HDV」で調べたら出てきますのでそちらを採用します。

本当にざっくりでいきます。

誰でもできる事で運用していきます。

もし配当利回りがすべて高い場合は持ち越そうと考えています。

目的

将来の不安を消すために配当金という不労所得を少しでも増やしていきます。

不労所得が毎月1万円あるだけでもおいしいご飯を食べに行けますよね。

これが5万・10万と増えていけば不安はどんどん消えていきます。

米国株は配当に対して良い意味で日本とは違う考えを持っている為、配当の維持や増配は米国全体で期待ができると考えています。

定期的に購入することで時間分散をしETFに投資することで銘柄分散もします。3つのETFを購入するのは分散目的も少しはありますがどちらかというと楽しむためです(笑)

狙い

どのような狙いで投資するかは、VMYとHDVはとも増配をしていくイメージになりますので

インカムゲインをメインに狙ってはいますが増配傾向の為、増配すれば自然と株価も上がると予想しています。

ただ希望は株価が上がらず配当利回りが上がっているときに購入したいですが(笑)

増配する事で雪だるま式に大きくなり、毎月の購入額が増えると予想しています。(配当金も多く回せるので)

ですので定期的に購入する金額が多くなっていれば成功と言えるでしょう。

まだまだどのようになるかは不明ですが楽しく投資ができていればオッケーです。

SPYDは増配イメージは少ないですが配当利回りは高い水準を維持している為にインカムゲインを多く狙えると考えて組み入れています。

有名な本「株式投資の未来」でいわれている事と狙いは一緒のイメージですかね。

この方法の備忘録を残すことでこれから投資しようとしている方や若い方の力になれたら嬉しいです。

父でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA